産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】「6・12米朝会談」の行方は? 2人の“スパイマスター”の腹の探り合い

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
「6・12米朝会談」の行方は? 2人の“スパイマスター”の腹の探り合い

 5月31日、米ニューヨークでの会談で握手するポンペオ米国務長官(右)と北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(ロイター)  5月31日、米ニューヨークでの会談で握手するポンペオ米国務長官(右)と北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(ロイター)

 米朝首脳会談の行方は予断を許さない。開催にこぎつけても会談中に決裂の可能性もある。2003年末のリビアの核開発計画放棄をめぐる最終協議では、終盤で米側が席を立ち、リビアが交渉に応じて合意に至った経緯もあった。1日にトランプ氏が米朝会談の再設定を発表した裏側では、それに先だって協議にあたった金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長とポンペオ米国務長官の駆け引きと腹の探り合いがあった。

ポンペオ氏と金英哲氏の共通点

 交渉担当の2人には共通項がある。軍出身で情報機関のトップだったことだ。

 金英哲氏は米韓の独自制裁対象の人物。軍歴は半世紀を超え、対南(韓国)担当歴も長く、要人暗殺、武装闘争を統括する軍偵察総局の初代総局長を務めた。北朝鮮の非対称戦の総責任者で政治工作、心理戦のプロである。

 一方のポンペオ氏は陸軍士官学校出身で米陸軍を経てハーバード大ロースクールで博士号を取り、法律家から政治家に転じて下院議院となった。トランプ政権で中央情報局(CIA)長官に就任、CIA初の北朝鮮専門部署「コリア・ミッションセンター」を新設した対北強硬論者だ。

 協議の核心は米側が北朝鮮のCVID(完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄)の意志を確認すること、北側が米の「体制保証」の確証を取り付けることだが、通常の事前協議とは異なり、最終決定はトランプ氏と金正恩(ジョンウン)党委員長の判断。現在は双方が「どこまで取れるか」を探っている。

 ポンペオ氏は過去2度の訪朝で「非核化の達成まで制裁は緩和しないことを明確に伝えた」と述べており、見返りの譲歩はないと強調してきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「6・12米朝会談」の行方は? 2人の“スパイマスター”の腹の探り合い
  • 「6・12米朝会談」の行方は? 2人の“スパイマスター”の腹の探り合い

関連トピックス

「ニュース」のランキング