産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】面接は入室から退室までの「足し算」で評価される

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
面接は入室から退室までの「足し算」で評価される

大手損害保険の採用面接で、順番を待つ学生たち=平成29年6月 大手損害保険の採用面接で、順番を待つ学生たち=平成29年6月

 就職活動の本選考でもインターンシップの選考でも面接で悩むことは多いでしょう。面接で落ちてしまうと何が原因なのか考えると思います。学生に話を聞いてみると、「あの質問でうまく答えられなかったから落ちた」といった話をよく耳にします。

 結論から言うと「それだけの理由」で落ちることは考えにくいです。基本的に面接は「足し算」と考えてほしいと思います。入室してから退室するまで足し算が行われるのです。終えたときにプラスであれば選考を通過する可能性は高いですが、マイナスやゼロであれば通過しません。面接で大事なことはあくまで印象や雰囲気、企業が求める人材であるかであり、自分の個性を主張することです。しかし、最近の学生は「答え合わせ」のように、「こう聞かれたらこう答える」「あの質問にはこの答えが良い」と考えている人が多いです。全ての質問に完璧な答えができても落ちることは十分あり得ることを理解しましょう。

 学生からすると、企業の人事は10分話を聞いただけで、相手の全てを理解できると思う方もいるかもしれませんが、残念ながら不可能です。大学に入学したばかりのころを思い出すと分かると思いますが、初めて会う友達と1時間程度過ごしたぐらいではその人の全てを理解することはできなかったと思います。

続きを読む

「ニュース」のランキング