産経ニュース

富士山噴火で首都圏まひ? 「一面灰色の世界」で電力・交通網は機能不全 内閣府、大規模降灰対策を本格検討へ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


富士山噴火で首都圏まひ? 「一面灰色の世界」で電力・交通網は機能不全 内閣府、大規模降灰対策を本格検討へ

宝永噴火と同規模の降灰予想 宝永噴火と同規模の降灰予想

 駅も道路もビルの屋上も見渡す限り灰色の世界…。富士山が噴火し、首都圏に火山灰が降り注いだ場合、東京の都市機能はどうなってしまうのか。そんな不安に応えるべく、富士山噴火時の降灰対策について政府が年内にも初めての本格的検討を始める。これまでの検討は首都圏周辺で2~10センチとの降灰量推定にとどまり、具体策の検討が遅れていた。近年、1月の草津白(しら)根(ね)山(さん)(群馬、長野県境)や平成26年の御嶽山(長野、岐阜県境)など噴火が相次いでおり、対策整備を急ぐ。(社会部 市岡豊大)

電力も交通もストップ?

 20XX年6月のある朝、東京都内のマンションに住む30代の男性会社員が目を覚ますと、妙に外が薄暗いことに気付いた。カーテンを開けると一面、灰色の世界。空は薄暗く、白っぽい粉が降り注いでいる。慌ててテレビの電源を入れると、ニュース番組が富士山が300年ぶりに大規模噴火を起こしたことを伝えていた。

 富士山から100キロ以上も離れているのに…。出勤しようと外へ出ると、すでに道路には2センチほどの灰が積もっている。マンションの前の国道では、タイヤが空転して動けなくなった車があちこちで立ち往生している。

 小雨が降り始めたが、仕方なく駅まで歩いた。湿った灰に足を取られつつ、ようやくたどり着くと、駅の構内は真っ暗。案内板には「送電線のショートが多発しており、全線で運転見合わせ」の文字。あきらめて家に帰ると、今度は水道管から水が出ない。

続きを読む

「ニュース」のランキング