産経ニュース

【赤字のお仕事】拉致被害者を「返せ」 「帰せ」では国家的犯罪行為が伝わらない

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
拉致被害者を「返せ」 「帰せ」では国家的犯罪行為が伝わらない

 昭和50年代に「テレビ三面記事 ウィークエンダー」という番組があった。「新聞によりますと…」で始まる、さまざまな事件をおもしろおかしく取り上げるニュースバラエティーだ。その中でひとつだけずっと強烈な印象を残したエピソードがあった。何とも言いようのない不気味な、えたいの知れない恐ろしさだけが、私の記憶に焼き付いているのであった。

 「海岸を歩いていたアベックが忽然(こつぜん)と消えた」というのがそれだ。ただ、内容の記憶そのものが私の頭の中からほとんど消えてしまい残っていないため、インターネットで調べてみた。複数ある書き込みによって確かに「ウィークエンダー」で「アベックが消えた」という話題を取り上げたことがわかった。発生現場は「福井」らしいことも。そう、これはあの国家的犯罪の「拉致」だったのだ。結果として番組冒頭の決まり文句から言えば、どちらにしても「拉致」を報じた新聞があったということになり、そして「拉致」をテレビが報じていたということにもなる。

 先日、本紙での連載が終了した「私の拉致取材 40年目の検証」。われわれの先輩記者の手によるドキュメンタリーだが、長年積み上げてきた丹念な取材に裏打ちされた手に汗握る内容に引き込まれた読者も多かったと聞く(大幅に加筆された『メディアは死んでいた 検証北朝鮮拉致報道』が、5月23日に産経新聞出版から発売)。

 この中で『1978年12月9日付読売夕刊社会面に載った福井、鹿児島のアベック2組、謎の蒸発』に言及した記述がある。この新聞記事は、もともと第1報では「日本海沿岸などでは密入国事件などがしばしばあるため、地元では組織的な機関による犯罪説」もあるとしていたが、同日付の大阪版夕刊では「日本海沿岸など」が削除され、翌日の朝刊早版に掲載された記事では、その部分が「地元では暴力団などによる組織的な犯罪説」と差し替えられていた。事情はわからないが「拉致の入り口から一晩で引き揚げていた」という。

続きを読む

「ニュース」のランキング