産経ニュース

【昭和天皇の87年】近衛師団長を惨殺! クーデター部隊が皇居に侵入した

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
近衛師団長を惨殺! クーデター部隊が皇居に侵入した

画=筑紫直弘 画=筑紫直弘

宮城事件(1)

 「自分はいかになろうとも、万民の生命を助けたい」-。昭和20年8月14日、皇居の地下10メートルの御文庫付属室で下された、終戦の聖断。それを陸軍の抗戦派はどう受け止めたか。

 中堅将校のリーダー格、陸軍省軍務課内政班長の竹下正彦中佐が、同日の「機密作戦日誌」にこう記している。

 「竹下ハ万事ノ去リタルヲ知リ、自席ニ戻リシガ、黒崎中佐、佐藤大佐等相踵(あいつい)デ来リ、次ノ手段ヲ考フベキヲ説キ、特ニ椎崎、畑中ニ動カサル」「茲(ここ)ニ於テ『兵力使用(クーデター)第二案』ヲ急遽起案ス」「(御前会議終了後、竹下は阿南惟幾陸相に)兵力使用第二案ヲ出シ、(終戦の)詔書発布迄(まで)ニ断行セムコトヲ求ム。之二対シ、大臣ハ意少カラズ動カレシ様ナリ」

 竹下ら抗戦派将校は、クーデターを諦めていなかったのだ。

 だが、阿南以外の陸軍長老、とくに参謀総長の梅津美治郎には、聖断に逆らう意志など毛頭なかった。

 14日午後、阿南が竹下らに迫られ、参謀総長室を訪れたときのやりとりを、たまたま居合わせた総合計画局長官の池田純久が聞いている。

 阿南「クーデターをやっても戦争を継続しようという意見があるがどうだろう」

 梅津「すでに大命は下った。これを犯してクーデターをやる軍隊は不忠の軍隊である。今は御聖断に従うのみ。正々堂々と降伏しよう。これが軍の最後の勤めであろう」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング