産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 

 実は、最初から空母として設計された艦の起工は、英海軍《ハーミーズ》の1918年1月が世界初だった。けれども、18年11月に第一次世界大戦が終結し、完成を急ぐ必要がなくなった。3年遅れで起工された《鳳翔》が、世界初の新造空母となったのには、こうしたワケがあった。

 帝國海軍は英国海軍の空母建造→運用に絶大な関心を寄せていたが、建造・運用への技術的限界を抱えていた。そこで同盟国・英国に協力依頼。英国は1921年、軍事技術教育団を日本に派遣し、空母建造の中核となる甲板建造技術などを指導した。並行して帝國海軍は英空軍の退役将校を雇い、帝國海軍の操縦士に空母離着艦技術を錬成させた。

 かくして《鳳翔》はワシントン海軍軍縮条約(1922年)の下、未完成の巡洋戦艦を改造した空母《赤城》が就役する1927年までの4年3カ月、帝國海軍唯一の空母だった。

 ひるがえって、「空母X」の就役(2019~20年?)まで人民解放軍海軍唯一の空母となる《遼寧》は2002年、購入先のウクライナより遼寧省大連に到着したソ連製空母。不完全な設計情報を基に、蒸気タービンの動力システム改修などを手掛けた。ロシア製や中国製の成分の異なる合成金属や鋼鉄が各部で使用され、衝撃を受けた際の強度が不十分で、部品の劣化も問題視されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 
  • 技術“爆買”中国空母Xのカタパルトはドイツ由来? 日本海軍の空母・鳳翔も徹底研究した! 

「ニュース」のランキング