産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】バラ色の理想と厳しい現実…「南北融和」で沸いた韓国が背負わされた重荷とは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
バラ色の理想と厳しい現実…「南北融和」で沸いた韓国が背負わされた重荷とは

板門店宣言に署名し、笑顔で抱き合う北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=4月27日、板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団・共同) 板門店宣言に署名し、笑顔で抱き合う北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=4月27日、板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団・共同)

 4月末の南北首脳会談の“成功”により、平和なムードが漂っていた韓国。そんな韓国に北朝鮮は、南北閣僚級会談の無期延期を通告した上に、6月の米朝首脳会談の中止まで示唆した。北朝鮮らしさがやはり見え始めた朝鮮半島は、本来の風景に戻ろうとしている。(ソウル 名村隆寛)

信頼できる北の指導者

 4月27日の板門店での南北首脳会談からわずか19日後の今月16日。北朝鮮はこの日に開催予定だった南北閣僚級会談の無期延期を韓国に伝えた。前日、開催で合意した会談のキャンセル。理由は11日から続く米韓両軍の共同訓練だ。同じ日に北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官は談話を発表し「米国の一方的な核放棄強要」を理由に米朝首脳会談の中止を警告した。

 南北首脳会談に続き、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は米朝首脳会談の成功に向け奔走していた。だが、やはり北朝鮮から冷や水を浴びせられた。南北首脳会談で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が見せた振る舞いに、喜んだ韓国は何だったのか。

 金正恩氏は板門店で出迎えた文在寅大統領と一緒に軍事境界線を北側に越えたり、笑顔で冗談を言ったり、韓国に予想以上のサービスをしてみせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • バラ色の理想と厳しい現実…「南北融和」で沸いた韓国が背負わされた重荷とは
  • バラ色の理想と厳しい現実…「南北融和」で沸いた韓国が背負わされた重荷とは

「ニュース」のランキング