産経ニュース

【政治デスクノート】“政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏の訪朝計画は実現するのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
“政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏の訪朝計画は実現するのか

訪朝への意欲を示す亀井静香氏だが、実現の見通しは立っていない 訪朝への意欲を示す亀井静香氏だが、実現の見通しは立っていない

 亀井静香元金融担当相(81)が激動の朝鮮半島情勢をにらみながら訪朝計画を練っている。ただ、これまで何度も訪朝計画を口にしてきたのに、一向に実現しない。「この局面で引退した議員に何ができるのか」などの批判もあるが、それでも断念していないという。その真意はどこにあるのか-。

 亀井氏は「訪朝は近く予定している。拉致問題で行く。日本は核、弾道ミサイルを持っていないのだから核、ミサイル問題では交渉できない。拉致被害者を帰せと直接言う」と語る。

 もともと亀井氏が訪朝計画を口にしたのは昨年11月下旬だった。自民党議員の会合で「北朝鮮に入る。拉致問題などで、きちっと話をしたい。どれだけ効果があるか分からないが、わが国、国民のために全力で頑張らねばいかん」と12月の訪朝計画をぶち上げた。

 その1週間後、自身の政界引退を受けたパーティーでも「年が明けたら北朝鮮に入る」と強調した。しかし、この半年間は朝鮮半島情勢は目まぐるしく変化したこともあり、計画はなかなか具体化せず、今年4月のBS番組では「5月に北朝鮮を訪問する方向で調整している」と述べている。

続きを読む

このニュースの写真

  • “政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏の訪朝計画は実現するのか
  • “政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏の訪朝計画は実現するのか
  • “政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏の訪朝計画は実現するのか
  • “政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏の訪朝計画は実現するのか

「ニュース」のランキング