産経ニュース

【赤字のお仕事】取材後記(4) 平成の「郷土の偉人」たち

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
取材後記(4) 平成の「郷土の偉人」たち

 昨年11月、高校の歴史用語から一般に人気や知名度の高い「武田信玄」や「坂本龍馬」らの名を削除する精選案を民間団体が公表し、大きな注目を集めた。山梨県など全国各地で「郷土の偉人の名を消すな」と反対運動が広がり、民間団体は選定基準を「一般によく知られた人物などを厳選して取り上げる」と修正した。

 私の連載でも有名、無名の「郷土の偉人」たちが登場した。足跡を追った市川清流は伊勢国度会(わたらい)郡が生地。幕末期に清流が仕えた岩瀬忠震(ただなり)は江戸生まれだが、本家の設楽家(1400石取りの旗本)は東三河6カ村=現愛知県新城市=に知行地があった。清流の遣欧使節団入りに関わった奥州仙台藩士の大槻磐渓は、父で著名な蘭学者の大槻玄沢(1757~1827年)が一関藩出身であり、戊辰戦争で藩が敗北した後、一関の本家で謹慎していたところを官軍に拘束されている。磐渓については連載の「『東北人魂』を秘めた開明派の漢学者~大槻磐渓」(平成25年10月掲載)で紹介した。

 各地域の歴史的な人物を「自分たちの郷土の先輩」として顕彰する活動は盛んだ。この連載の取材でも、そうした多くの関係者から貴重な意見をいただいた。

 清流の出身地である現在の三重県志摩市磯部町には晩年と思われる肖像画が伝わっているし、市立磯部図書館の郷土資料館では清流に関する資料が閲覧できる。岩瀬忠震の本家設楽家が陣屋を構えた愛知県新城市には、本家菩提(ぼだい)寺の勝楽寺に「岩瀬肥後守忠震顕彰之碑」が建立されている。同市の「忠震会」は忠震の研究やリポートなどを掲載する会報「爽恢(そうかい)」を発行していて、取材したとき「忠震の功績を児童・生徒たちに少しでも知ってもらおうと足を運んでいる」と意欲的に話していた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング