産経ニュース

【経済インサイド】10年以上放置「休眠預金」が来秋にもNPOに活用…前例のない社会実験

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
10年以上放置「休眠預金」が来秋にもNPOに活用…前例のない社会実験

 政府の基本方針案には、休眠預金の活用について「わが国では前例のない『社会実験』である」との文言が盛り込まれた。銀行は制度運用開始後も請求があれば預金者に払い戻しをするが、もとは一般国民の財産である休眠預金の活用には、これまでも「財産権の侵害」などと批判する声もあった。

 休眠預金を有効活用できれば、恵まれない子供たちや障害者への支援が広がる可能性はあるが、配布先の選定や使い道には、厳しいルールが求められる。(経済本部 米沢文)

 休眠預金 預金者と連絡が取れなくなったり、口座の存在を忘れたりして10年以上お金の出し入れがない状態の預金。銀行や信用金庫などの金融機関で発生する休眠預金は毎年約1000億円とされる。農協や漁協などでも休眠状態の貯金が発生しており、休眠預金活用法の対象となる。

このニュースの写真

  • 10年以上放置「休眠預金」が来秋にもNPOに活用…前例のない社会実験
  • 10年以上放置「休眠預金」が来秋にもNPOに活用…前例のない社会実験
  • 10年以上放置「休眠預金」が来秋にもNPOに活用…前例のない社会実験

「ニュース」のランキング