産経ニュース

【昭和天皇の87年】運命の閣議 埋まらぬ賛否の溝 「再び御聖断を仰ぐしかない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
運命の閣議 埋まらぬ賛否の溝 「再び御聖断を仰ぐしかない」

画=筑紫直弘 画=筑紫直弘

バーンズ回答の衝撃(6)

 昭和20年8月13日午後4時、ポツダム宣言受諾に対する連合国の正式回答が届いたのを受け、日本の最終的な対応を決める閣議が開かれた。

 議題は一つ、国体護持について連合国に再照会すべきかどうかだ。

 総合計画局長官として出席した池田純久が、閣議の様子を戦後に書き残している。冒頭、首相の鈴木貫太郎が閣僚一人ひとりの意見を改めて確かめた。

 東郷茂徳外相「(連合国の回答は)全体として上々ではないが、わがほうの目的は達せられるので、受諾しても差し支えないと思う」

 松阪広政司法相「日本の統治権はすでに決まっている。遺憾ながらこの回答文は承認しがたい」

 桜井兵五郎国務相「希望を付けて総理に一任する。戦争継続はできない。無理にやればドイツ以上に悲惨なことになる」

 広瀬豊作蔵相「外相の意見に同意する。ソ連参戦によって生産力は全く停頓する。今日屈して他日伸びるべきだ」

 石黒忠篤(ただあつ)農商相「この際受諾するを可とする」

 安井藤治(とうじ)国務相「この案には不満もあるが、国務と統帥とが一体となりうるならば受諾するがよい」

 小日山直登運輸相「不満であり残念ではあるが、大御心(おおみごころ)や国内状況を観察すれば、受諾する以外に方法はない」

続きを読む

「ニュース」のランキング