産経ニュース

【経済インサイド】相次ぐ不祥事…麻生財務相イライラも記者への“口撃”はHPから削除

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
相次ぐ不祥事…麻生財務相イライラも記者への“口撃”はHPから削除

閣議を終え記者団の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=4月27日、首相官邸(春名中撮影) 閣議を終え記者団の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=4月27日、首相官邸(春名中撮影)

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題、福田淳一事務次官のセクハラ疑惑…。財務省で不祥事が次々と明らかになり、いらだちからか麻生太郎財務相の記者への“口撃”が目立ってきた。もともとぶっきらぼうな物言いで、記者への逆質問を多用する独特の記者会見スタイルを貫く麻生氏。最近はそれが特に際立っており、時折、“逆ギレ感”を漂わせたすごみをきかせ、記者を狼狽(ろうばい)させている。

 「どうすればいいのですか? 具体的なこと言えよ」(4月17日・閣議後)

 「さっさと、ぱっぱとやろうや。こっちは忙しいんだから。頼むよほんと」(4月13日・閣議後)

 「あんた記者やってんだからさ、もっとまじめに人の話を聞いて」(3月28日・平成30年度予算成立後)

 「はっきり言わないと聞こえないから。相手(自分のこと)は年寄りだからね」(3月9日・閣議後)

 ぼやきなのか文句なのか、はたまた愚痴なのか-。森友学園をめぐる決裁文書の改竄問題が朝日新聞で報じられた3月以降、麻生氏の記者への口撃が止まらない。紹介したのは、数あるうちの一部抜粋だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 相次ぐ不祥事…麻生財務相イライラも記者への“口撃”はHPから削除
  • 相次ぐ不祥事…麻生財務相イライラも記者への“口撃”はHPから削除
  • 相次ぐ不祥事…麻生財務相イライラも記者への“口撃”はHPから削除
  • 相次ぐ不祥事…麻生財務相イライラも記者への“口撃”はHPから削除

「ニュース」のランキング