産経ニュース

【昭和天皇の87年】首相を改心させた「陛下の思召」 風は終戦派に吹き始めた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
首相を改心させた「陛下の思召」 風は終戦派に吹き始めた

画=筑紫直弘 画=筑紫直弘

バーンズ回答の衝撃(5)

 即時終戦につながるバーンズ回答を受諾せず、占領地域の限定など新たな条件を再照会して「(連合国側が)聞かれざれば戦争継続もやむを得ない」と発言した首相、鈴木貫太郎の“変心”-。もはや最後の頼みは昭和天皇しかいないと、皇居へ車を急がせる外相、東郷茂徳は、車中でぐっと拳を握りしめていた。

 昭和20年8月12日の、夜の帳(とばり)が下り始めた頃である。

 それより前、閣僚懇談会の散会後に東郷は鈴木と面談し、「首相の意見には納得しがたい。自分は単独上奏するかも知れない」と非常の決意を伝えていた。それを今、実現しようというのだ。

 ただ、内閣が再照会論で固まりつつある中で反対意見を単独上奏すれば、仮に昭和天皇の支持を得られたとしても、閣内不一致が露見し内閣崩壊の危機に直面する。

 皇居についた東郷は、まずは内大臣の木戸幸一を訪ねて相談した。

 木戸は、昭和天皇が即時終戦の決意であることを誰よりも知っている。鈴木の変心と東郷の決意に驚きつつも、「陛下の御意図は、最早(もはや)お伺いするまでもなくきまっておいでであるから、自分から鈴木首相を説得しよう」と言って単独上奏を思いとどまらせ、鈴木に面談を申し入れた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング