産経ニュース

スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由

「スピルバーグ監督の想像力の奥深さを思い知った」と話すオリビア・クック(宮川浩和撮影) 「スピルバーグ監督の想像力の奥深さを思い知った」と話すオリビア・クック(宮川浩和撮影)

 世界中でヒットを記録している米国のスティーブン・スピルバーグ監督(71)の近未来SFアクション映画「レディ・プレイヤー1」が公開され、最初の週末(4月21、22日)の興行成績で2位につけるなど、日本でも大ヒットしている。そんななか、ヒロインを演じた英国のオリビア・クックさん(24)が来日。実は「どうしたらいいの!」と悲鳴をあげたと明かした。

映画史×ポップ史

 一言でいえばこの映画、米国映画史とポップカルチャー史が融合した夢世界。基本骨格は、オーソン・ウェルズ(1915~85年)が監督、主演を務めたかの名作「市民ケーン」(1941年)。米新聞王が死に際に残した言葉の意味を探る。こちらも巨額の遺産と仮想現実(VR)世界「オアシス」を譲る、という遺言から物語が動き出す。

 そして劇中には、スタンリー・キューブリック監督(1928~99年)のホラー映画「シャイニング」(80年)、そしてスピルバーグ監督らが製作総指揮の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(85年)でタイムマシンとなるスポーツカー「デロリアン」など、無数の名作からの引用も散りばめられている。

 しかも、「機動戦士ガンダム」「メカゴジラ」「ハローキティ」「AKIRA」など、スピルバーグ監督が愛する日本のキャラクターも続々と登場するのだから、映画ファンばかりかクール・ジャパン好き、そして日本人にはたまらない。

続きを読む

このニュースの写真

  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由
  • スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」ヒロインが悲鳴をあげた理由

「ニュース」のランキング