産経ニュース

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例骨子案「人に着目、働く人と子供を守る」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
受動喫煙防止条例骨子案「人に着目、働く人と子供を守る」

定例会見に臨む東京都の小池百合子知事 定例会見に臨む東京都の小池百合子知事

 「目的が何かということでありますけれども、働く人、子どもを、この受動喫煙から守るにはどうしたら良いだろうかということを、その目的のための方策を考えたところでございます。諸外国の例なども参考にしながら、実効性ある条例案にするということで、今回、お示しをしている、骨子としてご提示させていただいているところであります。日本の場合、屋内と、それから屋外、どちらかというと既にできている条例案も、屋外の街の美化であるとか、それから、そのまま歩いてどうかということなど、そちらから始まったものでございますけれども、今回、このように屋内ということに着手させていただいたというのは、一つ大きな一歩ではないかと思っております。そして、いずれにせよ、人に着目をするということについては、当初から変わっておりません」

 --今の質問に関連して、昨年9月の案と比較すると、緩めているところもあれば厳しくしているところある

 「例えば、後でご指摘のあった従業員の同意があれば云々ですけれども、働く人は職を求めて、いろいろなケースがあると思いますけれども、そのときに、そこでノーと言うケースが実際どれぐらいあるだろうかとか、そういったことについても、考え方をさらに深めていったという経過がございます。それによって、常に申し上げてきているのは、実効性ある方策にするということでございまして、その意味では、これまでお示ししてきたのと、そして今回との違いなど、パブリック・コメントであったり、市町村等から、いろいろなご意見もいただいておりますので、それらも参考にして変化が生じたということです。いずれにせよ、実効性ある考え方、条例案にできたものと考えております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング