産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?

3月、北京の人民大会堂で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席(新華社=共同) 3月、北京の人民大会堂で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席(新華社=共同)

 《20年までに米海軍の対艦巡航ミサイルの射程以上のミサイルを大量保有/世界第2位の海軍となる》

 《30年までにハードウエア面で米海軍と数だけでなく、質も比肩する》

 米軍制服組トップ=統合参謀本部議長のジョセフ・ダンフォード海兵隊大将も昨年、上院軍事委員会で証言した。

 「中国は25年頃までに、米国の最大脅威になる」

 台湾も17年の国防白書で、台湾侵攻能力を20年までに備える、と悲観的だ。

台湾軍に忍び寄る中国スパイ

 在韓米軍撤退の有無にかかわらず、米軍の台湾駐屯は急務となった。実は米軍の台湾駐屯で人民解放軍牽制にもう一つ「重し」が加わる。中国共産党が仕掛ける《心理戦》への対抗だ。

 中国の軍・共産党の間諜が台湾軍の現役・退役の軍人・軍属らを間者に仕立て上げる事件は、過去に複数回明るみに出ている。だが、1月に発覚した台湾併合を狙い中国が策定した《星火T計画》は衝撃的だった。台湾の国防省発表やメディア報道を総合すると、次のごとき策謀であった。

 (1)中台統一主義者や買収に乗ってきそうな台湾軍の協力者をデータベース化

 (2)取り込み済みの人脈を深化させ、諜報力向上

 (3)表向きは安全保障研究者を装う

続きを読む

このニュースの写真

  • 台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?
  • 台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?
  • 台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?
  • 台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?
  • 台湾併合を狙う中国には、在韓米軍の移動で阻止!?

「ニュース」のランキング