産経ニュース

【昭和天皇の87年】要塞を死守せよ! 関東軍の決死の反撃、ソ連軍は大混乱に陥った

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
要塞を死守せよ! 関東軍の決死の反撃、ソ連軍は大混乱に陥った

画=筑紫直弘 画=筑紫直弘

関東軍最後の戦い(2)

 虎頭要塞から発射された15センチ加農(カノン)砲の砲弾が次々に満ソ国境のウスリー河を越え、対岸のソ連軍陣地で炸裂(さくれつ)する。41センチ榴弾(りゅうだん)砲は20キロ離れたシベリア鉄道の関連施設を粉砕。30センチ榴弾砲も火を噴き、対岸のトーチカなどを破壊した。

 突然のソ連侵攻からおよそ半日が過ぎた昭和20年8月9日午前11時、満州東部の要衝で、関東軍が反撃に転じたのだ。高度に機械化された敵の大軍に対し、要塞に立てこもる関東軍の第15国境守備隊は、兵力寡少ながら士気も練度も高かった。

 猛虎山の主陣地で敵情捜索にあたった監視隊員の戦闘記録によれば、要塞の重砲はソ連軍に一泡も二泡もふかせたようだ。

 とくに41センチ榴弾砲の威力はすさまじく、ウスリー河にかかるイマン鉄橋に命中、極東ソ連軍の生命線ともいえるシベリア鉄道を一時不通にした。

 同日未明の5時間にわたるソ連軍の先制砲撃で要塞周辺の山肌は深く削り取られたが、地下に構築された鉄筋コンクリートの陣地は、健在だったのである。

 思わぬ反撃に、ソ連軍陣地は大混乱に陥った。

× × ×

 守備隊は夜になると、斬り込み攻撃を敢行した。要塞の各陣地から小部隊が飛び出し、近くまで浸透していたソ連軍の狙撃部隊を襲撃、爆弾を抱えた兵士が戦車に体当たりして擱座(かくざ)させた。

続きを読む

「ニュース」のランキング