産経ニュース

【中国軍事情勢】宮古海峡に出没する中国原潜の実力とは…探知・追尾で海自は能力証明

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中国軍事情勢】
宮古海峡に出没する中国原潜の実力とは…探知・追尾で海自は能力証明

中国国旗を掲揚して航行する潜水艦=12日午後、尖閣諸島北西の東シナ海(防衛省提供) 中国国旗を掲揚して航行する潜水艦=12日午後、尖閣諸島北西の東シナ海(防衛省提供)

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本の接続水域で1月、中国の「商」級攻撃型原子力潜水艦(SSN)が潜没航行し、その後、公海で浮上して中国国旗を揚げる事案があった。商級原潜の特異な行動自体の意図は明確にはなっていないものの、東シナ海と西太平洋を結ぶ宮古海峡周辺に原潜が出没する現状からは、中国の「接近阻止・領域拒否(A2AD)」戦略の一端が浮かび上がる。(台北 田中靖人)

(※3月23日にアップされた記事を再掲載しています)

浮上の目的は…

 米海軍情報局(ONI)が2015年に公開した中国海軍に関する報告書によると、商級(093型)は02年と03年に各1隻が進水したが、その後、建造が中止。10年後の12年から改良型4隻の建造が再開され、15年現在で計6隻が進水した。商級は、中国が初めて開発した旧式の「漢」級(091型)攻撃型原潜を1隻ずつ代替する形で就役してきた。これは、中国が攻撃型原潜を質的には向上させつつも、数の上では増やしていないことを意味する。

 台湾の海軍が発行する学術誌「海軍学術」の12年8月の論文は、商級の1隻目が進水したのは02年で、06年に就役、09年に中国国営新華社通信が正式に就役を認めたと記述しており、時期については米海軍の情報と異なる。この論文は、商級の性能は旧ソ連のビクターIII級に近いとしている。

 防衛省が今回、公開した写真では、セイル後方の盛り上がりが確認できる。このため、ネットなどでは最新の「093B」型だと指摘されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 宮古海峡に出没する中国原潜の実力とは…探知・追尾で海自は能力証明

「ニュース」のランキング