産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 

3月5日、中国・北京で開かれた全国人民代表会議の開幕イベントに出席した習近平国家主席(手前)=AP 3月5日、中国・北京で開かれた全国人民代表会議の開幕イベントに出席した習近平国家主席(手前)=AP

「世界皇帝」を狙う中国

 北朝鮮の対中不信は強まり、93年には北朝鮮の核開発疑惑が浮上。北は《核拡散防止条約=NPT》脱退を表明した。《第1次朝鮮半島危機》の襲来だった。

 以来、中国の「核の傘」と半ば決別し独自性を濃厚にしていく。核・弾道ミサイルをツールにした瀬戸際外交への偏重を国家戦略の中心へと近付けていった。

 朝鮮労働党の金正恩委員長が国家指導者となると、対中警戒感は烈度を急速に上げていく。中国との外交・経済上の強いパイプを堅持してきた事実上のナンバー2の叔父・張成沢氏が中国共産党と謀議し、異母兄・金正男氏を指導者に担ごうとした「クーデター」未遂で極に達する。金正恩氏は極めて残酷な手口で叔父と異母兄を殺し、中国の隠密介入に“応答”した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発の完全放棄に向け、当事各国は北朝鮮の旧宗主国たる中国の関与に期待する。確かに、中国には対北経済・軍事支援など「期待に応える力」があり、中国も支援によって影響力を復活させたい。だが、北京と平壌が冷え込む情勢下、北朝鮮の拒否反応が勝っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 
  • サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 
  • サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 
  • サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 
  • サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 
  • サヨナラ「孔子学院」米国は中国共産党の世界覇権の野望を危険と認識!? 

「ニュース」のランキング