産経ニュース

【昭和天皇の87年】陸相と海相が激論 「もはや聖断しかない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
陸相と海相が激論 「もはや聖断しかない」

画=筑紫直弘 画=筑紫直弘

大日本帝国最後の一週間(3)

 「天皇の終戦御希望の熱意は、(政軍首脳部の)つとに知るところであった。しかし、一方、内地には尚戦わざる数百万の軍隊が存し、外地には、二百余万の軍が在(あ)った。その軍の中枢部は本土決戦を主張する意見が優勢を占めていた。一歩誤らば、叛軍(はんぐん)となって、内は、内乱を起し、外はゲリラ戦に出ずるおそれがあり、情勢は複雑微妙であった」

 昭和27年に外務省が編集した『終戦史録』に、こう記されている。ソ連の大軍が突如として満州に攻め込んだ20年8月9日、ポツダム宣言受諾をめぐる抗戦派と終戦派の駆け引きは、重大局面を迎えたといえるだろう。

 この日、午前10時半過ぎから午後1時過ぎまで行われた最高戦争指導会議で、外相の東郷茂徳は国体護持のみを条件としてポツダム宣言を受諾すべきと主張した。しかし自説を通せず、より好条件でなければ戦うべきと息巻く陸海両総長らに押し切られた形になってしまった。

 とはいえ、その後の閣議でひっくり返す成算はあった。閣議には、陸海両総長が出席しないからだ。陸相の阿南惟幾(これちか)が唯一、強硬に反対するだろうが、大半の閣僚の支持を得られると、東郷は思っていた。

 しかも、閣議決定は全会一致が原則だ。外相と陸相が対立したまま決定を下せず、最後は昭和天皇の決心、すなわち「聖断」によって決しようというのが、東郷の腹だった。

× × ×

 午後2時半、首相官邸で始まった臨時閣議は、1時間の休憩をはさんで前後7時間に及んだ。

 このとき、最高戦争指導会議の方針を白紙に戻そうと果敢に論争を挑んだのは、海相の米内光政である。

続きを読む

「ニュース」のランキング