産経ニュース

【iRONNA発】習近平主席「終身独裁」 トランプ政権は「巨竜退治」できるか 江崎道朗氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
習近平主席「終身独裁」 トランプ政権は「巨竜退治」できるか 江崎道朗氏

活動報告を終え、習近平国家主席(右)と握手する全人代常務委員長の張徳江氏 =11日、北京の人民大会堂(共同) 活動報告を終え、習近平国家主席(右)と握手する全人代常務委員長の張徳江氏 =11日、北京の人民大会堂(共同)

 中国の春秋戦国時代、秦王政が史上初の中華統一を成し遂げたのは紀元前221年のことである。それから2千年余り。現在の最高指導者、習近平氏が国家主席の任期制限を撤廃した。「終身独裁」の始まりは何を意味するのか。(iRONNA)

 近年、習氏率いる中国共産党政府の横暴は目に余る。尖閣諸島を含む東シナ海での挑発行動などに象徴されるように、軍事力と経済力を使った強引な拡張主義は、アジア太平洋諸国の反発を買っている。そして、この拡張主義が、トランプ政権を誕生させたという側面がある。

 2013年、中国人民解放軍は「ショート・シャープ・ウォー」(短期激烈戦争)といわれ、ミサイルと海上民兵によって沖縄・南西諸島を攻撃し、米軍が助けに来る前に日本を屈服させるという軍事侵攻計画を作り、その訓練を実施した。この事実を米太平洋艦隊の情報部門の責任者であるジェームズ・ファネル大佐がつかみ、同盟国日本に伝えるべきだと提案したのだが、当時のオバマ政権は否定的だった。米軍はオバマ政権の間、南シナ海での中国による軍事基地建設を阻止する活動をさせてもらえなかった。

 こうした状況から、2016年の大統領選では、米軍再建を主張するトランプ氏を、米軍関係者は死にもの狂いで応援した。この応援がなければ、ヒラリー民主党政権になっていたはずだ。そもそも米国は一枚岩ではない。オバマ前大統領のように中国びいきの人たちをパンダ・ハガー(パンダに抱きつく人)と呼び、一方で中国の台頭に警戒心を抱いている人たちをドラゴン・スレイヤー(竜を退治する人)と呼ぶ。このドラゴン・スレイヤーの筆頭格がファネル大佐だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 習近平主席「終身独裁」 トランプ政権は「巨竜退治」できるか 江崎道朗氏

「ニュース」のランキング