産経ニュース

【経済インサイド】「高アル」で缶べろ?「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「高アル」で缶べろ?「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情

 ビール類の出荷量が平成29年まで13年連続で最低を更新する中、アルコール度数の高いビールや缶酎ハイの販売が好調だ。今年は3月から4月にかけて業務用ビールや輸入ワインの値上げがあり、アルコール飲料への逆風は強まっているが、「高アル」は1缶で早くべろべろに酔える「缶べろ」商品として節約志向にマッチ。ビール大手4社は飲み応えを高めた新商品も投入し、販売増を狙う。

 「新商品によって新たな需要を創出し、総市場の拡大を目指す」

 1月9日、東京都内で開かれたアサヒビールの30年事業方針説明会で平野伸一社長はこう述べ、4月17日に発売するアルコール度数7%のビール新商品「グランマイルド」をアピールした。改正酒税法の施行でビールの定義が変更され、麦芽やホップ以外の副原料の使用が緩和されることに対応し、ハーブの一種であるレモングラスを使って高アル飲料特有のアルコール臭などを抑制した自信作だ。

 ビールや缶酎ハイの平均的なアルコール度数は5%程度。公正競争規約でビール類は度数6%以上の飲料を「高アルコール」と表示可能なことを踏まえ、大手4社は個別に高アルを定義している。アサヒはビール類6%以上、缶酎ハイ7~9%▽キリンビールはビール類6%以上、缶酎ハイ7%以上▽サントリービール・サントリースピリッツはビール類6%以上、缶酎ハイ8%以上▽サッポロビールはビール類、缶酎ハイともに7%以上-を高アルとしている。「ストロング系」と呼ぶビール会社も多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「高アル」で缶べろ?「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情
  • 「高アル」で缶べろ?「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情
  • 「高アル」で缶べろ?「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情
  • 「高アル」で缶べろ?「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情

「ニュース」のランキング