産経ニュース

【ビジネス解読】「創業70年」日韓ロッテが節目の年に亀裂!? トップの実刑判決で一族内紛の再燃も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
「創業70年」日韓ロッテが節目の年に亀裂!? トップの実刑判決で一族内紛の再燃も

 何とか1つ目の峠を越した形だが、道は険しい。韓国ロッテは、中国が反対する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備用地を提供したとして中国当局からの報復をいまなお受けている最中だ。大手スーパー「ロッテマート」は中国内の複数店舗で営業停止が続く。米通信社は、ロッテマートを運営するロッテショッピングが損失拡大を懸念し、中国事業の売却を探るものの、交渉相手は中国を恐れ、売却のめどが立たない状況と伝えた。

 また、聯合ニュース(日本語電子版)は中国が昨年10月に韓国への団体旅行を一部の旅行代理店で再開することを許可したが、ロッテ系列のホテルや免税店をツアー内容に含めないよう指示したと報じた。これが響き、日本ロッテと関係が深いホテルロッテは営業赤字から抜け出せない。

 日本ロッテの経営陣が混乱する韓国ロッテにいつ嫌気がさしてもおかしくない状況だ。中央日報(同)は、日本ロッテの経営陣が東彬氏支持を撤回し、「われわれだけの道を行く」としても日本ロッテ株を保有しない韓国ロッテに牽制(けんせい)する手段はない、と指摘する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「創業70年」日韓ロッテが節目の年に亀裂!? トップの実刑判決で一族内紛の再燃も
  • 「創業70年」日韓ロッテが節目の年に亀裂!? トップの実刑判決で一族内紛の再燃も
  • 「創業70年」日韓ロッテが節目の年に亀裂!? トップの実刑判決で一族内紛の再燃も

「ニュース」のランキング