産経ニュース

【教えて!goo】老後は物価の安い海外で悠々自適な生活…本当にできるのか調べてみた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【教えて!goo】
老後は物価の安い海外で悠々自適な生活…本当にできるのか調べてみた

 そもそも、それなりの資金がなければ、海外移住は厳しいようだ。

 「医療面でも不安が残ります。多くの国の大都市では医療レベルに問題がなく、日本と同等のサービスを期待できますが、日本のような保険制度が実施されている国はごく僅かです。保険に入っていないと医療費が膨れ上がるだけでなく、支払い能力を証明できないと判断されてしまうこともあります。その場合、手術を受けられないことさえあります」(海外移住.com)

 住環境や医療の面で満足のできる暮らしを望むのであれば、日本の地方都市で暮らす程度の貯蓄が必要のようだ。さらに東南アジア以外で人気の高いオーストラリアやハワイで暮らすのであれば、それ以上の資金を蓄えておく必要がある。

 物価が安い国に移住すれば老後も安泰と考えるのは、どうやら安直すぎる考えだった。老後に海外移住を検討する人は、どんな生活を送りたいかも視野に入れて必要資金を試算し、実際に準備できるかが鍵となりそうだ。

●専門家プロフィール:海外移住.com 株式会社クラインズが展開する海外移住の暮らしやビザに関するポータルサイト。現在、日本人移住者数が多い50ヶ国の移住情報を掲載中。実際に海外移住をしている(していた)スタッフによる、リアルな情報配信が特徴。

★関連記事

一生独身の人に必要となる老後資金を試算してみた!

40代50代で離婚した女性が老後資金を貯める方法

【4コマ漫画】老後への蓄え?

老後は海外移住、あなたはどう思いますか?

留学したいです。夫へどう話すか…。

「ニュース」のランキング