産経ニュース

レスリングシューズを履いた吉永小百合さん「北の桜守」極寒の撮影で何が起きたか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


レスリングシューズを履いた吉永小百合さん「北の桜守」極寒の撮影で何が起きたか

吉永小百合さんは、主人公、てつの演技について「年を重ねた今だからこそ表現できた」と語る 吉永小百合さんは、主人公、てつの演技について「年を重ねた今だからこそ表現できた」と語る

異色のキャラクター、てつ

 「私は不器用で、自分が好きになれる女性しか演じられない」と語るが、てつは吉永さんが演じてきた無数のキャラクターの中でも異色の存在だ。

 てつは、戦後の混乱の中で、シベリアで死んだ夫(阿部寛さん)に託された子供を必死に育てる。他人から施しを受けようとした修二郎をしかり飛ばす際の厳しい口調、後半で見せる年老いた弱々しい姿などは、これまでの“小百合映画”とはトーンが明らかに違う。

 「あそこまで強さを出すのも、後半の年老いた感じも初めて。年を重ねた今だからこそできた。最近は、自分の元気じゃない部分、くたびれてきた部分とも向き合い、受け入れながら前に進んで行かなければということを感じます」と心境を語る。

 「この作品は家族の物語。大変な時代に、大変な思いをして生きていた人たちがいたことに思いをはせてほしい。それが今の私たちにつながり、未来につながっていくんだっていうことを受け止めていただきたいと思います」と訴えた。(文化部 岡本耕治)

続きを読む

このニュースの写真

  • レスリングシューズを履いた吉永小百合さん「北の桜守」極寒の撮影で何が起きたか
  • レスリングシューズを履いた吉永小百合さん「北の桜守」極寒の撮影で何が起きたか
  • レスリングシューズを履いた吉永小百合さん「北の桜守」極寒の撮影で何が起きたか
  • レスリングシューズを履いた吉永小百合さん「北の桜守」極寒の撮影で何が起きたか
  • レスリングシューズを履いた吉永小百合さん「北の桜守」極寒の撮影で何が起きたか

「ニュース」のランキング