産経ニュース

【スゴテク企業】編み目や麺状に自在に加工…700件超の特許など保有する野菜ピーラーメーカー

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スゴテク企業】
編み目や麺状に自在に加工…700件超の特許など保有する野菜ピーラーメーカー

レーベン販売の社内キッチンは、商品開発のためのアイデア創出の拠点だ=横浜市西区の同社本社(那須慎一撮影) レーベン販売の社内キッチンは、商品開発のためのアイデア創出の拠点だ=横浜市西区の同社本社(那須慎一撮影)

 700以上の特許や実用新案、意匠登録を保有し、さまざまなオリジナル野菜ピーラーの新商品を続々と投入して話題を集めている「レーベン販売」(横浜市西区)。野菜を編目だったり、麺状だったりとユニークな形状で安定的に削れるという消費者サイドに立ったきめ細かい商品開発を進めて、調理の楽しさを提供し続けている。高部篤社長は昨年、分社化して販売会社「ののじ」を設立。販売は若いスタッフに任せ、「私はさらにものづくりに邁進(まいしん)したい」としている。

 横浜駅から歩くこと約15分。オフィスビルの通路を進み、扉を開けると、商品開発のための社内キッチンが目に飛び込んでくる。高部社長をはじめ、社員がアイデアを創出する拠点だ。

 もとは高部社長が仲間とソフトウエアの開発企業として前身のレーベンを設立。ただ、ソフトウエア業界は「世界中で競争が激しい上に、『開発に10年かけても成功するかは未知数』というリスクがつきまとった」(高部社長)。一方で「衣食住は大切で、動力に頼らない手道具が一層重要になる」との思いから「ソフトウエアのようになかなかお客様に伝わらないものよりも、すぐに伝わって表現できる製品はないか」と発想を転換した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 編み目や麺状に自在に加工…700件超の特許など保有する野菜ピーラーメーカー

「ニュース」のランキング