産経ニュース

【外交安保取材】日本列島全土を「模擬攻撃」 中露爆撃機の挑発飛行

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【外交安保取材】
日本列島全土を「模擬攻撃」 中露爆撃機の挑発飛行

 国会で安全保障に関する論戦が低調だ。審議中の平成30年度予算案には長射程巡航ミサイル導入の関連費用が計上され、安倍晋三首相(63)が専守防衛について「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しいという現実がある」と問題提起するなど、議論の素材には事欠かないはずだが、聞こえてくるのは「森友文書」ばかりだ。しかし、その間にも日本が非常にやっかいな隣国に囲まれ、厳しい安全保障環境に置かれていることを示す出来事は次々と起こっている。

 「つい最近も、ロシアの爆撃機がずーっと沖縄まで飛んで来て、日本列島を、何らかの目的に…ある面では爆撃の訓練の行動を行う、私たちにはそう取れる…」

 小野寺五典防衛相(57)は2月22日、都内で開いた自身の国政報告会でそう述べた。小野寺氏が触れたのは国政報告会の前々日、ロシア軍のTU95爆撃機2機が北海道から沖縄まで、日本列島の東岸をなめるように長距離飛行した事案だ。

 防衛省はこうした事案に際し、他国軍の意図や目的を分析はするものの、その内容には言及しないのが通例で、小野寺氏が「爆撃の訓練」と言及したのはかなり異例だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本列島全土を「模擬攻撃」 中露爆撃機の挑発飛行
  • 日本列島全土を「模擬攻撃」 中露爆撃機の挑発飛行
  • 日本列島全土を「模擬攻撃」 中露爆撃機の挑発飛行

「ニュース」のランキング