産経ニュース

【鉄道ファン必見】「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記

 米国人の鉄道マニア、カーク・パーカーさん(56)が、「雪の中を走るローカル鉄道に乗りたい」と休暇を取って秋田県にやってきた。最初に挑戦したのが、秋田県内陸部の風光明媚(めいび)な山間地域を走る秋田内陸線。沿線のお母さんたちが、手作りの総菜を各駅から持ち込んで振る舞う名物列車「ごっつぉ(秋田弁で『ごちそう』)玉手箱」だ。駅で知り合い、「BENTO列車アメイジング(素晴らしい)!」を連発したカークさんに同行した。

(※2月23日にアップされた記事を再掲載しています)

 「ごっつぉ玉手箱」は、角館(かくのだて)から内陸線の拠点、阿仁合(あにあい)までを走る各駅停車の企画列車で、冬季の週末に不定期で開催されている。農閑期に地域の農家のお母さんたちが、手作りの総菜を各駅から運び込み、弁当として乗客に提供する。2009年から始まり、これまでに約50回を開催、外国人を含め延べ1400人が参加している。

 米西海岸の温暖なサンディエゴのIT企業に勤務しているカークさんは、1月下旬に単身来日、同27日の「玉手箱」に参加した。仕事を含めて来日は5回目だが、冬は初めてで、約2週間で東北と北海道を回るという。車窓を撮影するのが好きな「鉄道マニア」で、ブラジルや豪州、欧州のローカル鉄道にも乗ってきた筋金入りのファンだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記
  • 「BENTO列車アメイジング!」秋田内陸線、鉄道マニアの米ビジネスマン同行記

「ニュース」のランキング