産経ニュース

温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?

 4~6月のDCは、草津に追いつく好機。DCを控え、美術館のとりっくあーとぴあ日光、3D宇宙・恐竜館、日光さる軍団、鬼怒川お菓子の城の4館による「鬼怒川テーマパークめぐりファンタスティックパーク4」の4館連携の入館料金割引イベントも登場。とりっくあーとぴあの和田達徳さんは「鬼怒川温泉はテーマパーク王国。客を取り合うのではなく連携して集客する」、日光さる軍団の白石一郎さんも「各館が近いと気付いてもらい、連携で鬼怒川温泉の楽しみ方が広がる」と話す。

 観光で滞在時間が長くなれば、日帰りでなく宿泊を増やす効果もあり、日光観光協会鬼怒川・川治支部の小野田祥一さんは「4館連携は地域からの提案の一つ。宿泊客やリピーター増加につながれば」と期待する。

 鬼怒川温泉は、国道と鉄道による福島・会津地方へのアクセスも良く、首都圏から栃木-福島-茨城県をトライアングルで回る広域観光ルート「ダイヤモンドルート」の拠点にもなっている。

 平成29年のブランド総合研究所の都道府県の魅力度ランキングでは、群馬県とそろって前年までのワースト3を抜けだしながら、群馬県の41位(鳥取、群馬が同率で42位が欠番)に対し、43位に甘んじた栃木県。温泉地ランキングで巻き返しとなるかどうか-。

      

 鬼怒川温泉 江戸時代に鬼怒川西岸で「滝温泉」が見つかったのが始まり。明治に入って東岸に「藤原温泉」、さらに、昭和初期には新たな源泉が次々と見つかり、鬼怒川温泉と呼ばれるようになった。江戸時代は日光の寺社領で、日光詣での諸大名や僧侶のための温泉だったという。鬼怒川沿いに温泉街が広がり、鬼怒川温泉ロープウェイもある。福島第1原発事故の風評被害もあったが、徐々に活気を取り戻している。

このニュースの写真

  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?

「ニュース」のランキング