産経ニュース

温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?

 首都圏に近い人気の温泉地といえば、熱海(静岡県)、箱根(神奈川県)、草津(群馬県)、鬼怒川(きぬがわ、栃木県)などがメジャーどころとして思い浮かぶが、インターネット接続サービス、ビッグローブの温泉ランキングでは、草津が10年連続の東の横綱(1位)に輝いた。これに対し、北関東のライバル栃木は鬼怒川温泉が前頭(7位)にランクイン。今年4~6月のJRグループの大型誘客事業、デスティネーションキャンペーン(DC)を追い風に3役入りをを狙う、その秘策とは?

 ビッグローブの温泉ランキング「みんなで選ぶ 温泉大賞」は、ユーザー投票で「もう一度行ってみたい」温泉地、温泉施設(温泉旅館・ホテル)などを選ぶイベントだ。この中で、草津温泉は、草津白根山の本白根山噴火の風評被害もはねのけての温泉地部門・東日本1位、鬼怒川温泉は同7位。ちなみに、西の横綱は別府温泉郷(大分)だ。

 日光市観光協会鬼怒川・川治支部事務所長の柴田明さんは「鬼怒川温泉も総合力で一定の評価を得ており、順位を上げたい」と意気込む。

 鬼怒川温泉の総合力とは、日光や中禅寺湖といったメジャーな観光名所とテーマパークがあり、鉄道によるアクセスも便利なことだ。湯畑がライトアップされ、着流しで温泉街の散歩を楽しめる草津とは異なる魅力がある。

 柴田さんも、「周辺の観光地やレジャー施設、鬼怒川の渓谷など雄大な自然美などを合わせてアピールしていく」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?
  • 温泉ランキング10連覇の群馬・草津に挑む北関東のライバル栃木・鬼怒川温泉 秘策は?

「ニュース」のランキング