産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか

インドネシア西ジャワ州ワナカルタ村で、中国が受注した高速鉄道の「建設予定地」を指さす地主のイダムさん=2017年4月20日(吉村英輝撮影) インドネシア西ジャワ州ワナカルタ村で、中国が受注した高速鉄道の「建設予定地」を指さす地主のイダムさん=2017年4月20日(吉村英輝撮影)

 そこで、時間はかかるが、計画が緻密で、相手国の将来を親身に見据えた日本の出番となる。余程のアクシデントがない限り、当初計画は順守され、労働者の現地雇用など、対象国の経済事情にも配慮する日本。日中を天秤にかけ、大盤振る舞いをする中国に目を奪われてきた国々がジワジワと日本の支援に改めて好感を抱き始めている。中国の「お陰」と言えよう。

 ならば、中国が大型インフラ投資を呼びかける国々に、日本も必ず計画を持ちかけるべきだ。少なからず行ってはいるが、この際、落札の成否は問わない。落札される方が良いが、日中比較で「日本の良心」と「中国の狡猾」が深く認識されれば、戦略目的の過半を達成したと評価できよう。後々、経済の関係強化も成されるはずだ。

インドネシアは「中国にだまされた」と怒っている

 既に「中国離れ」は加速している。例えばインドネシア。ジョコ・ウィドド大統領が率いる政権は公約として50兆円規模の巨大なインフラ開発計画を立て、日本と中国を「天秤」にかけた。国家指導者として「天秤」は当然だ。ただ、ジョコ大統領の「天秤」は余りに近視眼的過ぎた。中国の正体を知らなさ過ぎた。

続きを読む

このニュースの写真

  • インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか
  • インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか
  • インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか
  • インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか
  • インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか
  • インドネシア高速鉄道計画にみる「日本の良心」と「中国の狡猾」どちらが信用できるか

「ニュース」のランキング