産経ニュース

【原坂一郎の子育て相談】短気ですぐ怒る自分に嫌気

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【原坂一郎の子育て相談】
短気ですぐ怒る自分に嫌気

イラスト・藤原隆兵 イラスト・藤原隆兵

相談

 4歳と2歳の子供がいます。短気ですぐに感情的になる自分に困っています。今朝も息子が出かける直前にDVDを見たいと言い出し、怒ってリモコンを床に投げつけてしまいました。その後、謝って仲直りしましたが子供に申し訳なく思います。私の母もすぐに感情的になる人で、子供時代は親の顔色を見ながら過ごしていました。しかし、子供にはそうなってほしくありません。「怒る前に10数えよ」と本で知り、試してみましたが効果がなく、いつか子供に手を出すのでは、と心配です。

回答

 ご自身の短気な性格に悩んでおられるようですね。でも、子供に謝ることができ、子供に申し訳ないと思うあなたのやさしい性格、私は好きですよ。本に書かれていることをやろうとしたり、このように相談したりと、行動力もおありの方のようです。

 どんなにのんびりしたお母さんでも子育て中には、つい感情的になってしまうことが多く起こるものです。「いつか手を出しそう」とおっしゃいますが、これまでの4年間は、そうしていないということですよね。すばらしいです。怒鳴ったり何かを投げたりは間接的暴力で、よくはありませんが、それでかろうじて心のバランスが取れているのかもしれませんね。

 子育てでもっとも大切なことは「子供を認めること」と私はよく言うのですが、あなたに関しては、ご自身のこともあなたのお母さんのことも、すべて認めてほしいと思います。ご自分の性格や行動、そして自分の子供時代のこと、すべてを認めてほしいのです。

 認めるといっても、「評価をする」という意味ではなく、「ありのままを受け止める」ということです。今のあなたは、いろんなものに縛られているような気がします。

 まるでカウンセラーのような助言になってきましたが、資格をもったカウンセラーに相談するのも1つの方法です。各自治体には無料の子育て相談窓口もあります。あなたの行動力を生かして、ぜひいろんな人の力を借りてください。(原坂一郎=こどもコンサルタント)

 ●原坂一郎 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行なう。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士

「ニュース」のランキング