産経ニュース

【野党ウオッチ】民進・大塚耕平代表就任100日、調整不足で結果出せず 「桜が咲く頃」には…?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
民進・大塚耕平代表就任100日、調整不足で結果出せず 「桜が咲く頃」には…?

1月5日、連合の新年交歓会で顔をそろえた(左から)民進党の大塚耕平代表、立憲民主党の枝野幸男代表、希望の党の玉木雄一郎代表。大塚氏が目指す野党再編は同床異夢だ=東京都荒川区(飯田英男撮影) 1月5日、連合の新年交歓会で顔をそろえた(左から)民進党の大塚耕平代表、立憲民主党の枝野幸男代表、希望の党の玉木雄一郎代表。大塚氏が目指す野党再編は同床異夢だ=東京都荒川区(飯田英男撮影)

 民進党の大塚耕平代表(58)が就任してから2月上旬で100日が経過した。大塚氏は分裂した野党勢力の再構築を目指すが、調整力不足が目立ち、党勢回復の道筋はまだ見えてこない。党支持率も1%未満の超低空飛行を続ける中、執行部は反転攻勢に出るため「桜が咲く頃」に希望の党と新党結成をもくろむ。ただ、立憲民主党との連携を目指す岡田克也常任顧問(64)ら衆院側とのすれ違いもあり、結実するかは不透明だ。

 「3カ月前に想定していたことについては、早い遅いは若干あるにせよ、確実に前に進んでいる」

 大塚氏は2月1日の記者会見で、就任時に掲げた「ポリティカル・イノベーション(政治的革新)」の進捗について問われ、こう答えた。ポリティカル・イノベーションという言葉はあまり浸透していないが、昨年の衆院選で分裂した立憲民主党、希望の党が民進党を中心に再結集し、政権交代を実現することを意味する。

 その第一歩である野党再編は、大塚氏が強調する「前進」とはほど遠い。民進党は昨年10月31日、前原誠司代表(55、現希望の党)の後任として大塚氏を選出し、11月8日に新執行部が発足した。大塚氏は地方組織の声を重視するなど聞き役に徹し、党勢の建て直しを図ってきたが、調整力不足が目立った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進・大塚耕平代表就任100日、調整不足で結果出せず 「桜が咲く頃」には…?
  • 民進・大塚耕平代表就任100日、調整不足で結果出せず 「桜が咲く頃」には…?
  • 民進・大塚耕平代表就任100日、調整不足で結果出せず 「桜が咲く頃」には…?

「ニュース」のランキング