産経ニュース

【びっくりサイエンス】世界最大の頭脳集団「中国科学院」 共産党が強力に後押し、日本との勢いの差は歴然 垣間見える課題も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
世界最大の頭脳集団「中国科学院」 共産党が強力に後押し、日本との勢いの差は歴然 垣間見える課題も

中国科学院傘下の国家天文台が建設した直径500メートルの世界最大級の電波望遠鏡「FAST」=2016年9月、中国貴州省(新華社=共同) 中国科学院傘下の国家天文台が建設した直径500メートルの世界最大級の電波望遠鏡「FAST」=2016年9月、中国貴州省(新華社=共同)

 さらには“敗者の山”を築いてイノベーションを起こした経験も少なく、日米欧などで生き残った成果を導入している段階にとどまっているといい、中国科学院などの真価が問われるのはこれからのようだ。

 日本としては、中国の科学技術の進展を正しく恐れつつ、対等に付き合うべく自らのレベルを高めていくべきだろう。(科学部 小野晋史)

このニュースの写真

  • 世界最大の頭脳集団「中国科学院」 共産党が強力に後押し、日本との勢いの差は歴然 垣間見える課題も
  • 世界最大の頭脳集団「中国科学院」 共産党が強力に後押し、日本との勢いの差は歴然 垣間見える課題も
  • 世界最大の頭脳集団「中国科学院」 共産党が強力に後押し、日本との勢いの差は歴然 垣間見える課題も
  • 世界最大の頭脳集団「中国科学院」 共産党が強力に後押し、日本との勢いの差は歴然 垣間見える課題も

「ニュース」のランキング