産経ニュース

【高論卓説】30年春闘で物価上昇分以上の賃上げできなければ、働き手は満足しない!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高論卓説】
30年春闘で物価上昇分以上の賃上げできなければ、働き手は満足しない!

東京駅前の通勤風景(宮崎瑞穂撮影) 東京駅前の通勤風景(宮崎瑞穂撮影)

 果たして、どの程度の「賃上げ」になるのか。通常ならば強い抵抗を示す経営者の間にも「賃上げ止む無し」のムードが広がっている。というのも猛烈な人手不足に直面しているからだ。厚労省がまとめた29年平均の有効求人倍率は1.50倍。28年の1.36倍を大きく上回り、高度経済成長期並みの高水準となっている。

 正社員の新規の求人に対してどれだけ採用できたかを示す「対新規充足率」は13.6%。7人雇いたいと思っても1人しか採用できないことを示している。それぐらい人手不足は深刻なのだ。

 今後、優秀な人材を確保するには、きちんと待遇改善を進めていく必要が出てくる。残業の削減など長時間労働の是正を行う一方で、きちんと「賃上げ」を実行していかないと、優秀な社員ほど会社に愛想を尽かして辞めてしまう。有効求人倍率を見ても分かる通り、就職には苦労しないから、より条件の良い会社に転職する動きが加速する。

 優秀な人材に抜けられたらどうなるか。残った社員へのシワ寄せが大きくなり、ますます職場環境は悪化する。どんどん悪循環に陥り、最終的には「人手不足倒産」に直面することになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 30年春闘で物価上昇分以上の賃上げできなければ、働き手は満足しない!
  • 30年春闘で物価上昇分以上の賃上げできなければ、働き手は満足しない!
  • 30年春闘で物価上昇分以上の賃上げできなければ、働き手は満足しない!

「ニュース」のランキング