産経ニュース

【安倍政権考】独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍政権考】
独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか

杉原千畝の記念館の前で安倍晋三首相を歓迎するために集まった地元の中学生ら=1月14日、リトアニア・カウナス(田村龍彦撮影) 杉原千畝の記念館の前で安倍晋三首相を歓迎するために集まった地元の中学生ら=1月14日、リトアニア・カウナス(田村龍彦撮影)

 安倍晋三首相(63)は1月、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)と南東欧(ブルガリア、セルビア、ルーマニア)の6カ国を日本の首相として初めて訪問した。6日間の強行日程だったが、親日国も多く、温かい歓迎を受けた。安倍首相は各国で核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する圧力強化を呼びかけた。一方、現地では現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を掲げる中国の影響力が強まっており、日本の存在感を今後いかに示していくかが課題になる。

 「くしくもご訪問のタイミングは、われわれが独立した年から100周年を迎える記念すべき年。まさに志をともにする重要なパートナーとして日本は一貫してわれわれの友好国でありました」

 1月12日、安倍首相は最初の訪問国となったエストニアで、ラタス首相にこう歓待された。

 エストニアをはじめとするバルト三国は帝政ロシアの支配下にあったが、ロシア革命(1917年)後の1918年に独立、今年は100周年にあたる。日露戦争でロシアに勝利した東洋の小国・日本への親近感は古くからあり、日本は20年代に各国と国交を樹立した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか
  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか
  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか
  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか
  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか
  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか
  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか
  • 独立100年で初の首相訪問 バルト・南東欧 ちらつく中国の影 親日つなぎとめられるか

「ニュース」のランキング