産経ニュース

【衝撃事件の核心】増大のはずが…シンボル壊死でクリニック提訴「仕事への意欲喪失」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
増大のはずが…シンボル壊死でクリニック提訴「仕事への意欲喪失」

男性がクリニックを提訴した千葉地裁 男性がクリニックを提訴した千葉地裁

 「男性のシンボルを失った悔しさは相当なもの」-。原告代理人弁護士は力を込めて語った。男性器増大の手術の失敗により男性器の大部分が壊(え)死(し)、排尿などが困難になったとして、50代の男性が千葉県船橋市内の美容整形クリニックと運営する医療法人社団を相手取り損害賠償を求めて千葉地裁に提訴した裁判。賠償請求額約2億4000万円という損害は、単に性的不能になっとなった精神的な苦痛によるものではなく、綿密に逸失利益を積み上げたものだった。

 提訴後に記者会見した代理人の弁護士によると、原告の男性が訴訟を起こした動機は、クリニック側に誠実な対応がみられなかったからだった。

 訴状などによると、男性は平成27年10月27日に、過去に受けた手術による男性器の変形の修正及び、「フィラー」とよばれる充(じゅう)填(てん)物を注射する手術を受けた。近年、失敗した手術例も指摘されているが、手術前に医師から危険性についての説明はなかったとしている。

 同クリニックのホームページには、男性の受けた手術法について「注射だけの安全性の高い治療」「簡単・手軽に陰茎増大と長茎が可能」などのメリットについての記載が大部分を占め、リスクについては「まれに内出血は現れます(内出血はいずれ消えます)」などと書くのみで、壊死の可能性についての記載は確認できなかった。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング