産経ニュース

草津白根山噴火で警戒レベル3なのに町長が「レベル1」と言い張るワケ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


草津白根山噴火で警戒レベル3なのに町長が「レベル1」と言い張るワケ

町長が語るサイエンスとは

 だが、町は「レベル1」との表現は変えていない。本紙記者が黒岩町長を直撃してみた。

 --なぜ、当初は「それぞれの山に警戒レベルがある」と説明したのか

 「草津白根山は湯釜を持つ白根山、逢の峰、本白根山の3つがある。『草津白根山』というのは気象庁の内部的なとらえ方で、町としては山を3つに分けていた。(噴火前は)本白根山もレベル1だったというのは間違い。科学的に山を分けるという考え方」

 --気象庁と考え方が違うということか

 「いや、気象庁が内部の呼び方として『草津白根山』としている。ここの話です。サイエンスというのは、こっちで跳ねたら(噴火したら)全部の山でレベルが上がるのかというと、そうではない」

 --気象庁は全体を一つで考えている。

 「気象庁がレベル3としたことがあまりに影響が大きくなって、それをフォローする意味で気象庁は資料に(白根山の規制範囲は)『500メートル』と書いた。これがレベル3だと自動的に2キロになる。レベル1で0から500メートル、レベル2で1キロ、3で2キロというルールある。500メートルはレベル1相当。気象庁にも聞いたが『積極的に発表していないが、町長のおっしゃるとおりレベル1です』と。昨日、はっきり専門家が言っていた」

 --それで文面を変えたのか

 「私が言った内容は最初から全く変わっていない。ただ、誤解を招くから、(500メートル)と書いただけで、白根山はレベル1というのは全然変わっていない」

続きを読む

このニュースの写真

  • 草津白根山噴火で警戒レベル3なのに町長が「レベル1」と言い張るワケ
  • 草津白根山噴火で警戒レベル3なのに町長が「レベル1」と言い張るワケ

「ニュース」のランキング