産経ニュース

【野党ウオッチ】口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

今後の言動が注目される希望の党の細野豪志憲法調査会長 今後の言動が注目される希望の党の細野豪志憲法調査会長

 細野氏は統一会派構想が頓挫した後の1月26日、記者団に今後の自身の対応を問われ「腰を落ち着けて党としてどうしていくのか考えていくべき時期ではないか。あわてるよりは、しっかり党内でそれぞれのことについて議論していくことの方がいいのではないか」と語った。離党の意志はないようだ。インフルエンザから回復した直後には、周囲にこう漏らしていた。

 「何もしていないのにいつも悪く言われてしまう。まるで(映画『スター・ウォーズ』の悪役)ダースベイダーだ…」

 細野氏は今後、周辺に多くの「敵」を抱えながら、針のむしろのような政治環境で生きていくのだろうか。それよりも松沢氏が提案する分党に参加する方が形式上はスッキリする。松沢氏は現在の玉木執行部率いる希望の党について「結党時の理念と考えが変節している」と指弾している。分党が実現すれば松沢氏側の勢力は小さくなるが、政策と理念で筋を曲げなかった側にこそ、展望が開けてくるのではないだろうか。

 衆院選前に一時、細野氏の担当記者となり、細野氏が議員会館にこもって結党準備に努力してきた姿を見てきた。党務に忙殺され、地元で選挙準備も行えず、選挙期間中はリスクをとって全国を応援のための遊説にまわり、地元は留守にした。数を選ぶのか、それとも政策・理念で筋を通すのか。民進党離党を決断したときの気概を思い起こしてもらいたい。 (政治部 奥原慎平)

このニュースの写真

  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

「ニュース」のランキング