産経ニュース

【野党ウオッチ】口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

希望の党の細野豪志憲法調査会長 希望の党の細野豪志憲法調査会長

 さらに民進党議員が細野氏に感情的なしこりを抱く決定的な事態が起きた。細野氏は民進党が党として希望の党への合流を決めた昨年9月28日の夜、テレビ番組で、希望の党への公認申請をめぐり「三権の長はご遠慮頂くのがいい」と述べた。念頭にあったのは野田佳彦前首相(60)と菅直人元首相(71)だ。細野氏は野田内閣当時、原発事故担当相を務めた。その野田氏への裏切りともいえる発言で、細野氏への忌避感が高まった。

 希望の党を立ち上げた小池百合子前代表(東京都知事)の側近の述懐によると、細野氏の発言内容は首相経験者を「排除」することで民進党色を薄めたい小池氏側の指令だった。実は、あらかじめ細野氏が発言する予定だったわけではなく、9月28日にテレビに出演する党創設メンバーが「三権の長排除」を語る算段になっていた。番組出演後、細野氏は小池氏側近に「野田さんに恩義がある。だが、ああ言わざるを得なかった」と涙ながらに語ったという。

 野田氏も昨年11月27日付のブログで、細野氏から「発言は上からの指示でやむを得ず…」などと謝罪されたことを明らかにしている。野田氏は発言を指示した人物について「小池都知事だったと改めて知り…」とした。とはいえ、政治は結果がすべて。発言した細野氏は自分の行動の責任を背負わざるを得ないのは言うまでもない。

× × ×

続きを読む

このニュースの写真

  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

「ニュース」のランキング