産経ニュース

【赤字のお仕事】全然近くない?「近海」 「近海」区域と「沿海」区域で比べてみると…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
全然近くない?「近海」 「近海」区域と「沿海」区域で比べてみると…

 今年1月から産経新聞で「40年目の検証 私の拉致取材」の連載が始まりました。この連載は、北朝鮮による日本人拉致を初めて産経新聞で明らかにした阿部雅美元社会部記者が、自身の取材ノートを基に綴(つづ)ったものです。

 連載の校閲をしていて、思わず内容に引き込まれることもあって、客観視するよう心掛けて仕事を進めています。

 その中に「沿岸」「沿海」「近海」などの言葉が出てきました。

 例えば、「近海」という言葉が入ったある回の写真の説明文です。

 「日本海を逃走する北朝鮮工作船とみられる不審船。何十年も前から日本海近海では目撃情報があった」

 この一文の「日本海近海」にちょっとした違和感を覚えると同時に、部内からも同様な指摘を受けました。その違和感がどこにあるのか探ってみました。

 まず、「近海」とは距離と捉えて、「日本海近海」は日本海海域での陸から見ての近海という意味ならば、そこでは、「起点」が欠けているように思いました。

 そこで、「日本の海岸・沿岸」を起点にすることで、そこは「(日本の海岸・沿岸からの)近海」または、「日本(の海岸・沿岸からの)近海」になるのではとの結論に至りました。そして、前者の「…何十年も前から近海では目撃情報があった」の直しになりました。

 ここで、「近海」と「沿海」は地理的にはどのくらいの距離なのだろうかという追加疑問が湧きました。

 辞書では【近海】「陸地に近い海」、【沿海】「(1)海に沿った陸地の部分(2)陸地に沿った海の部分」(いずれも『大辞林 三版』、三省堂書店)と、簡単な記述で、これでは分かりません。

 そこで、船舶安全法施行規則によって定められた航行区域の一つである「近海区域」と「沿海区域」で調べてみました。

 【近海区域】「東は東経一七五度、西は東経九四度、北は北緯六三度、南は南緯一一度の線によって囲まれた海域」

 【沿海区域】「海岸より二〇海里以内の水域」

 (いずれも『大辞林 三版』)

続きを読む

「ニュース」のランキング