産経ニュース

きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る

産経新聞の取材に応じる北方領土のイメージキャラクター、「北方領土エリカちゃん」(本間英士撮影) 産経新聞の取材に応じる北方領土のイメージキャラクター、「北方領土エリカちゃん」(本間英士撮影)

おいしい海産物の宝庫

 北方領土の問題に対して、世間的な関心が低い理由は何なのか。

 宮原さんは、「日本固有の領土が、他国に占拠されている。普通に考えたらおかしな状況ですが、(地理的に遠いため)多くの国民の皆さんにとって、直接的な影響はないことが理由なのではないでしょうか」と指摘する。

 では、北方領土が返還された場合、具体的にどのような利点があるのか。宮原さんは、「最大のメリットは、今はビザなしでしか行き来できない元島民の方々が、自由に故郷に帰ることができる。これが一番の目的です」としたうえで、「漁業権の復活も重要です」と語る。

 北方領土周辺の海域は、千島寒流と対馬暖流が交じわっており、「非常に豊かな漁場」だという。この海域では、サケにマス、タラ、スケトウダラなどが多く採れる。ウニやタラバガニ、ハナサキガニなどの高級食材も豊富だ。

 「日本人の食生活にいい影響を与えると思います」(宮原さん)

 豊かな自然も魅力だ。温泉もあるといい、「太平洋を見ながら温泉につかるのは、すごく気持ちがいい」(尾中さん)。

 また、付近の海域には対馬暖流が流れているため、冬の平均気温は零下5~6度と、冷え込みもそれほど厳しくない。その一方で、夏の気温は8月で平均16度程度。避暑地としての需要も喚起できそうだという。

続きを読む

このニュースの写真

  • きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る
  • きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る
  • きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る
  • きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る

「ニュース」のランキング