産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ

左から、後ろ向きにジャンプして回転しながら着地する人間型ロボット「アトラス」(ボストン・ダイナミクスの動画から) 左から、後ろ向きにジャンプして回転しながら着地する人間型ロボット「アトラス」(ボストン・ダイナミクスの動画から)

 言い換えれば、中国は政軍官民の境界なき国家体制を乱用。カニア氏が前述の(2)で警告したように、《軍民融合》を国家戦略に位置付け、中国共産党の「御用」をうけたまわる“民間”のAI技術を次々に軍事転用している。

 例を挙げれば、コンピューターを使った《画像認識》と《機械学習》の技術を進化させられれば、目標認識を不可欠とする各種兵器の能力が飛躍的にアップする。実際、中国人民解放軍のロボット+無人航空機+無人艦艇+無人潜水艦…などには自動運転車技術が応用されつつある。

 各種対空ミサイル・システムの自動標的追尾と標的決定+主力兵器の欠陥予測+サイバー戦への投入…に至っては、既に実戦配備完了を待つ段階だ。

「クローン・ロボット兵士」は民間人大虐殺集団・共産党軍のDNAを持つのか?

 《日本学術学会議》のごとく「軍産別離」を叫ぶ浮世離れした大学教授や研究者は、先進国や中国など独裁国家においても皆無なのが現実。中国の理系学生は米国留学し、市民権を得て研究機関や米国企業に就職したり、シリコンバレーで起業したりが当たり前だ。開発より技術乗っ取りが合理的と考えるためでもある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ

「ニュース」のランキング