産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ

左から、後ろ向きにジャンプして回転しながら着地する人間型ロボット「アトラス」(ボストン・ダイナミクスの動画から) 左から、後ろ向きにジャンプして回転しながら着地する人間型ロボット「アトラス」(ボストン・ダイナミクスの動画から)

 中国科学院が2匹のカニクイザルを「製造」したが、人間と同じ霊長類系クローン初出現の「怪挙」に、常識ある科学者が「倫理にもとる」と世界中で批判の声をあげている。しかし、筆者は少しも驚かなかった。中国は「倫理にもとる」国ではない。ハナから「倫理がない」国なのだ。しかも、既に中国共産党・政府内には、習近平・国家主席の「クローン人間」があふれかえっているではないか。発言を注意して聞かずとも、独裁路線をひた走る習氏の露骨かつ情けないイエスマンばかり。「習氏の細胞より増殖し、それと完全に同じ形質と遺伝子を受け継ぐ」手下どもがウヨウヨ湧いている。

 例えば、米国防総省が1月19日に発表した《2018国家防衛戦略》をめぐる米中確執。中国の覇権主義を非難した至極真っ当な内容だが当然、中国・国防部の任国強・報道官が会見で抗議した。

 いわく-

 「米国の国家防衛戦略は『中国軍事脅威論』を誇張し、根拠のない、冷戦時代の色合いを濃厚に残した報告書だ。中国は防御的国防政策を堅持し、常に世界平和の建設者であり、国際秩序の擁護者である。心根が悪く覇権思想を持っている『どこかの国』(米国)と違い、中国は覇権の意思は全くない。中国が南シナ海で人工島礁を平和的発展に向け建設しているのは、あくまで主権の範囲内のこと。『ある国』は南シナ海の波が穏やかであるのを見たくないようだ」

続きを読む

このニュースの写真

  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ
  • 習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ

「ニュース」のランキング