産経ニュース

【スポーツ異聞】人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか

中日・松坂の行くところに人だかりあり。北谷キャンプは大盛況(塚本健一撮影) 中日・松坂の行くところに人だかりあり。北谷キャンプは大盛況(塚本健一撮影)

 プロ野球中日が、前ソフトバンクの松坂大輔投手(37)を獲得した。1月23日に行われた入団テストで、森繁和監督は松坂の投球を見ただけの簡単な試験で合格させた。推定年俸はわずか1500万円とルーキー並みの安さ。戦力面はともかく、抜群の知名度を誇るだけに、集客面では大きな期待を集めている。

 少なくとも松坂の登板日にナゴヤドームが満員になれば十分。勝ち負けは別にして「元を取った」ということができそうだ。

 中日は2010、11年とリーグ連覇して以降、優勝はなし。チーム成績も昨年は5位と低迷。観客動員数は201万772人。1試合平均だと2万7927人で、阪神(4万2148人)、巨人(4万1675人)、広島(3万670人)に次ぐ4番目だ。ただ、上位とは大きく水を開けられている。

 今のメンバーでは、スターといえるほどの選手がいないのが現状だ。昨年、新人王に輝いた京田陽太内野手(23)は十分なスター候補ではあった。イチローと同じ背番号「51」をつけ、俊足で守備範囲が広く、打撃もまずまず。球団も「次代のスター候補に」と期待していた矢先の今年1月、結婚を発表してしまい、“ドラゴンズ女子”をがっかりさせてしまった。「尾張のプリンス」と呼ばれた堂上直倫(29)も伸び悩んでいる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか

「ニュース」のランキング