産経ニュース

【野党ウオッチ】立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か

1月22日、参院本会議に臨む立憲民主党の蓮舫参院国対委員長。民進党代表時代よりも柔和な表情を見せることが多くなったような…(斎藤良雄撮影) 1月22日、参院本会議に臨む立憲民主党の蓮舫参院国対委員長。民進党代表時代よりも柔和な表情を見せることが多くなったような…(斎藤良雄撮影)

 国対 国会対策委員会の略称。法律に基づく公式の機関ではないが、各党が衆参にそれぞれ国対組織を設け、本会議の日程や法案の扱いなどの国会運営について協議する。「参院」と断り書きがない国対委員長は衆院を指す。

 一般的に与野党の国対で合意した国会日程や重要法案などは常任委員会である議院運営委員会(議運)に諮られ、公式に政治日程に上る。「55年体制」下では自民、社会両党の国対委員長同士が話し合いで国会の運営を事実上決めることが多く、「国対政治」と揶揄された。

 国対委員長には他党との信頼構築や頻繁な調整、駆け引きの能力が求められることから、各党ともベテランを起用するケースが多く、国対に精通した議員は「国対族」と呼ばれる。大島理森衆院議長(71)はその代表格で、自民党国対委員長の通算在職1430日は同党の最長記録を誇る。

 自民党では金丸信、江藤隆美、梶山静六、古賀誠、中川秀直、二階俊博各氏ら実力者が経験している。結党から62年の間に現在の森山裕国対委員長まで49人が務めたが、後に首相に就いたのは宇野宗佑、海部俊樹両氏の2人しかいない。共産党の穀田恵二衆院議員(71)は20年以上連続して同党の国対委員長を務めている。

このニュースの写真

  • 立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か
  • 立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か
  • 立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か
  • 立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か
  • 立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か
  • 立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か
  • 立憲民主・蓮舫参院国対委員長の登用 辻元清美氏との「女の友情」タッグは吉か凶か

関連トピックス

「ニュース」のランキング