産経ニュース

【iRONNA発】議員年金復活 「地方議員は職業か否か」この議論が先だ 今井照

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
議員年金復活 「地方議員は職業か否か」この議論が先だ 今井照

議員年金の必要性を示唆している自民党の竹下亘総務会長=平成29年11月14日、国会内(斎藤良雄撮影) 議員年金の必要性を示唆している自民党の竹下亘総務会長=平成29年11月14日、国会内(斎藤良雄撮影)

 とはいえ、一気に地方自治制度を変えることは難しい。しかし、もう少し「分離型」の要素を増やし、バランスを回復する必要がある。ところが現在の国政はますます融合型を強めようとしている。「地方創生」の進め方もその一つだ。ここからひっくり返さないと、結果的に地方自治は衰退していく。地方議員を職業として考えるか否かの分かれ目は、実は地方自治制度をどのように考えるかというところにある。

 【プロフィル】今井照(いまい・あきら) 公益財団法人地方自治総合研究所主任研究員。昭和28年、神奈川県生まれ。東大文学部社会学専修課程卒。自治体職員や福島大教授を経て、昨年から現職。著書に『地方自治講義』『自治体再建』(いずれもちくま新書)などがある。

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事などを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検索してください。

このニュースの写真

  • 議員年金復活 「地方議員は職業か否か」この議論が先だ 今井照

「ニュース」のランキング