産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】親との会話で「働くイメージ」を膨らませよう!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
親との会話で「働くイメージ」を膨らませよう!

千葉市の幕張メッセで毎年開かれている合同会社説明会 千葉市の幕張メッセで毎年開かれている合同会社説明会

親子間での会話量を増やす

 業界や企業理解が進んでいない学生の特徴の一つとして、親子間の会話が少ない傾向があるように思います。いきなりは難しいかもしれませんが、日常会話からでもかまいませんので親子間で意思疎通を図ることが大切です。実際、早期に内定を取った学生は「頻繁に親に就活の相談をして、アドバイスをもらっていた」と言っていました。親との会話を通して、仕事のイメージを膨らませてもらいたいと思います。

社会人としての姿勢を見せる

 親は子供にとって一番身近な社会人です。そのため、学生に「社会人の姿」を教えてほしいと考えます。その際に気を付けてほしいのは“説教”にならないことです。アドバイスのつもりが説教っぽくなってしまうことがありますので注意してください。

情報提供する

 最近はテレビ離れが進んでおり、日頃から企業のテレビCMを見ることが少ないためか、日本を代表する企業を知らない学生が増えています。企業を選ぶ選択肢が最初から狭くなっているのです。どのような業界があるのか会話の中から学生に伝えてほしいと思います。保護者の主観で伝えず、客観的に良い点や悪い点を伝えてください。

続きを読む

「ニュース」のランキング