産経ニュース

【野党ウオッチ】民進党の支持率1%未満に…会派問題で執行部の求心力低下、青息吐息の通常国会

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
民進党の支持率1%未満に…会派問題で執行部の求心力低下、青息吐息の通常国会

両院議員総会であいさつする民進党の大塚耕平代表(左)。右手前は質問のため挙手する小西洋之氏=17日午前、東京・永田町の党本部(斎藤良雄撮影) 両院議員総会であいさつする民進党の大塚耕平代表(左)。右手前は質問のため挙手する小西洋之氏=17日午前、東京・永田町の党本部(斎藤良雄撮影)

 民進、希望両党による統一会派構想が頓挫したことを受け、民進党の大塚耕平代表(58)ら執行部の求心力が低下している。希望の党との交渉が先行したことで党内は分裂含みとなり、交渉の主導権を岡田克也常任顧問(64)が代表を務める衆院会派「無所属の会」に奪われる始末だ。最新の世論調査では支持率がついに1%を割り込み、青息吐息の状態で通常国会を迎えることになった。

 「両院議員総会は無効です!」

 1月17日の両院総会の冒頭、結成に反対する小西洋之参院議員(45)は大塚氏のあいさつを遮って、こう声を張り上げた。食い下がる小西氏を足立信也政調会長(60)がなだめると、小西氏が「黙ってろ!」と言い放ち、足立氏が「なんだよ」と口論になる一幕もあり、おなじみのドタバタ劇がこの日も展開された。

 報道陣が退出した後、非公開で2時間半にわたって対応を協議した結果、両院総会の確認事項として次のような文書をまとめた。

 「3党統一会派を目指すことを前提としつつ、希望の党との今日までの統一会派の交渉の取り組みと結論を『了』として、今後の具体的諸条件の調整については無所属の会および執行部の協議に委ねる。立憲民主党とは引き続き粘り強く交渉を続けていく」

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進党の支持率1%未満に…会派問題で執行部の求心力低下、青息吐息の通常国会
  • 民進党の支持率1%未満に…会派問題で執行部の求心力低下、青息吐息の通常国会
  • 民進党の支持率1%未満に…会派問題で執行部の求心力低下、青息吐息の通常国会

「ニュース」のランキング