産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?

2017年7月30日、中国人民解放軍建軍90周年を記念した閲兵式で待機する兵士ら=中国内モンゴル自治区(新華社=共同) 2017年7月30日、中国人民解放軍建軍90周年を記念した閲兵式で待機する兵士ら=中国内モンゴル自治区(新華社=共同)

 朝鮮戦争再開前夜にあたり、米海兵隊の研究結果を基に、中国人民解放軍の高級幕僚が策定する計画に「仁川(インチョン)上陸作戦もどき」が含まれていても不思議ではない。

 説明しよう。

 朝鮮戦争開戦後、朝鮮人民軍は南進を続け、米軍と韓国軍など朝鮮国連軍は後退を余儀なくされ、朝鮮半島東南端の釜山周辺に構築した釜山橋頭堡に追い詰められていた。

 朝鮮半島の赤化目前という危機的事態に対し、連合国軍最高司令官のダグラス・マッカーサー米陸軍元帥(1880~1964年)は半島西岸の真ん中に位置する仁川への上陸作戦を命じた。

 1950年9月、朝鮮国連軍がソウル西方20キロの仁川に奇襲上陸し→仁川を確保し→朝鮮人民軍に占領されていたソウルを奪回→米軍を主力とする朝鮮国連軍も釜山橋頭堡より打って出て、南北から朝鮮人民軍を挟撃した。

 補給路を絶たれた朝鮮人民軍は北緯38度線以北に撤退する。戦争の帰趨に大きく影響したこの重大局面で、主力の一翼を担ったのが米海兵隊だった。

 学習し、着々と現代化を図る中国人民解放軍海軍陸戦隊の朝鮮戦争再開時における運用方法は後述する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?
  • 中国軍、朝鮮戦争再開に備え臨戦態勢に 海軍陸戦隊版「仁川上陸作戦」とは!?

「ニュース」のランキング